FC2ブログ

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


執念の生脱ぎパンティ①

2013.10.28.Mon.21:32
夜のウォーキング・ジョギングコースにボロアパート、
というより年季の入った平屋の共同住宅がある。

まだこんな建物があるのか、とウォーキングがてら
通りかかる度に軽く観察する。

共同の建物の入り口は常に開きっぱなし。
そこそこ広い廊下があり左右にドアが3つある。

お年寄りが住んでいるのかなあ

とか色々想像したり、時には存在を忘れて何事もなく通り過ぎたり。

その日はダラダラとウォーキング。
何気なくボロ屋の廊下を見る。

入り口から続く廊下はただ真っ直ぐ伸びていて

突き当たりだと思っていた正面の壁の左側に人影が見え、思わず立ち止まった。

セミロングくらいの長さの髪を濡らした女が
肩からバスタオルをかけ、入浴セットや衣類を抱え
そのまま右中央のドアの前で手荷物を置き、開錠している。

風呂上りの色っぽい姿に見とれ、この建物に似つかわしくない女の姿を眺めていると
視線を感じたのか、女がこちらを見た。

女と視線が合う。

俺はあわててその場を立ち去った。

濡れた髪。女の体のライン。
そしてすっぴんだから幼く見えたのかもしれないが
40前ぐらいの永作博美に似た顔。

俺は興奮を抑えられず、先ほどのボロ屋へ足を向けた。

警戒しながら、慎重に建物へと入る。
突き当たりだと思っていた壁の左は正面に簡易シャワー室、脇にトイレがあった。

むりやり設置したような手狭なシャワー室には湯気が立ち込めている。

女の裸を想像し、欲情した俺は決心した。

あくる日、いつものジョギングの時間よりも1時間早く家を出た。

そして一目散にボロ屋に向かった。

張り込み。

1時間ぐらい経っただろうか。

女の部屋の扉が開いた。

俺はしゃがみこみ、女を見る。

短い時間だが顔を確認した。

ブスじゃない。カワイイ。

女は手桶などの入浴セットを持ち、廊下を進み、シャワー室の方へ消えていった。

5分待とう。

鉢合わせしたらまずい。逸る気持ちを抑え、そう言い聞かせた。

時計を眺める。ピッタリ5分。
俺は無警戒にイソイソとボロ屋に入る。

廊下に入ったところで慎重に歩みを進めながら、聞き耳を立てる。

廊下の2/3ほど進んだ所で、シャワー音が聞こえた。

俺は心を躍らせ、シャワー室の前にたどり着いた。

血走った眼で視線を落とすと

女が抱えていた手桶に

女が着ていた白いTシャツ、黒のハーフパンツが乱雑に置かれていた。

上下の衣服を手に取ると、お目当てのパンティがあわられた。

Tシャツを鼻に当てる。

期待を裏切られた。いい意味で。

てっきり降ろしたてのTシャツかと思ったら
かなり汗臭い。

この家じゃ洗濯機などおけないから、週末にでもまとめてコインランドリーで洗濯するのだろう。
やみつきになりそうな女の臭い。

ブラが見当たらない。
直にTシャツを着ていたのか?

俺は思わずTシャツに顔を突っ込み、おっぱいが当たっていた所に顔を擦り付けた。

女の体温と、女の体臭に顔面が包まれた。

俺は温泉に浸かったような溜息を吐いた。


いかん、こんな事をしている場合ではない。
いつ女が風呂から上がるか分からない。

なにせシャワーだけなんだ。
女のシャワーとはいえ、今にだって風呂から出てきてしまうかもしれない。

Tシャツから顔を出し、パンティを手に取る。

ほんのり温かい。

それでいてすこしジットリとしている。

新品でも、洗濯済みでもない。

紛れもなく、使用済み、それも脱ぎたてのパンティだ。

俺はパンティを広げると、少しガッカリした。

全く汚れていない。

それでもまんこの当たっていた所、クロッチ部分を鼻に近づける。

また裏切られた。

臭い。それも強烈に。

特にションベン臭だ。

クリーム色がいっそう臭さを際立たせる。

何の色気もない、薄いクリーム色の素朴なパンティから発せられるメスの臭い。

ほんの5分前まで、あの純朴でカワイイ熟れた女の尻、肛門、膣、陰毛。

それらとピッタリ密着していたパンティ。

凝縮された女の臭いにあてられ、いきり立ったちんぽをファスナーから開放してやる。

人差し指と中指をたて、クロッチ部を両方の鼻穴に押し込み、ペニスを扱く。

端から見れば間抜け極まりないだろう。

だが、生脱ぎパンティをぐいぐいと指で押し込むごとに

脳天を貫かんばかりのマン臭が嗅覚を刺激する。

汗、尿、オリモノ。

交じり合った女の臭いが鼻腔を駆け巡り、その持ち主のシャワー音がますます欲情を駆り立てる。

もう出そうだ・・・。

しかし、その辺に射精して痕跡を残すわけにはいかない。

ペニスを扱く手が止まらない。止めたくない。

仕方ないので自分の上着を被せ、その裏側に射精。

乱れた息遣いでまんこ臭を吸引するたびにペニスが脈打つ。

次はティッシュを持って来よう。


クリックお願いします


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

働くOLの日常の臭い責め
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。