FC2ブログ

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


満員電車小学生痴漢

2013.12.17.Tue.21:05

同業者がどんな目的かは知る由もない。

俺は電車内での痴漢行為には、もちろん体を触る、という当たり前の前提がある上で

「抜き、射精」を目的としている。

普段、女と縁のない、それも若い女の体なら触れただけでも満足な輩もいるだろう。

でもそれでは生殺しではないか。

俺は95%は手で抜いてもらう。


声を上げなそうな、気弱そうな女を選定する。

その上で朝はOLや少し年のいった女は避ける。

女は特に朝は機嫌が悪いからだ。

普段なら黙って痴漢行為には耐える女でも、虫の居所が悪けりゃヒステリックになったりする。


今日の無料手コキ嬢が決まった。

なんとも珍しい、小学生だ。

もちろん、満員電車に揺られての通学だから、私立校なのだろう。

お上品な家庭で育ち、さぞ世間知らずなことだろう。

そんな娘に俺の汚い陰茎を握らせ、射精させてもらう。

女子小学生の良い香りの髪の匂いを嗅いでいたら

早くも陰茎は怒張している。

俺は女の体を触れずに、一気の彼女の腕を取り、陰茎を握らせた。


ガラガラの電車で、二度ほどハンドフィニッシュを試み、失敗している。

声を上げなそうな女を選別しているのだが、ガラガラの為、すぐ逃げられるのだ。

一度は腕を取った瞬間、声を上げ、手を解かれてしまった。

もう一度は陰茎に触れた瞬間、絶叫にも似た悲鳴をあげられてしまった。


女子小学生は自分の手の先に視線を落としてから、こちらを振り向いた。

呆気に取られたようで、いささか間抜け面であるが

睫毛が長く、ぱっちり二重の美少女だ。

その美形を拝顔した瞬間、俺の陰茎は彼女の手の中で更に怒張した。

小学生は正面を向き、そのままうつむいた。

陰茎の感触が伝わるのを避けるためか、彼女は手の力を抜いている。

俺はかまわず、小学生の手のひらを俺の裏スジから亀頭にあてがい、何度も撫で上げさせた。

しばらく女子小学生のすべすべの手の平を味わっていると

彼女の手首に急に力が入り、俺の陰茎を避けるように、手首を上向きに返す。

急にどうした、と思い、彼女の手のひらを見てみる。


俺のカウパー液が、小学生の小さな手のひらに、ナメクジが這ったあとのようにテカテカしている。

俺は心の中でニヤついた。

逃げるな。もっと気持ち悪がれ。

彼女の手首を固定し、亀頭をあてがった。

条件反射なのだろう。

彼女が固く手を閉じた。

皮肉にも俺の陰茎を握り締める形になった。

俺は美少女の手の上から、手を握り

その可愛らしい手が俺の陰茎を絶えず握り続けるようガッチリとロックした。


ああ、小学生に陰茎を握らせている。

ここで選択肢が二つ。

彼女の手を操り、陰茎を扱かせるか。

彼女の手を固定し、腰を振るか。


快楽度が大きいのは前者。

だが、いくら小学生が陰茎を握っているとはいえ、結局手を動かすのは俺だ。

感触は違うが、感覚は自慰のようなものだ。

それに、こうも車内がすし詰めだと、あまり激しく動かせない。

俺は美少女の手を固定し、小刻みに腰を動かした。


彼女の手の中は、俺のカウパー液でベトベトだ。

それが潤滑油となり、なんとも贅沢なオナホールとなる。

年端もいかない美少女の手の中で、中年オヤジの陰茎を何度も行き来させる。

俺は小学生の臀部をまさぐった。


足首まである長いスカートなので、さすがにまくれない。

しかも厚手のスカート。

さらに、女といえど、まだ骨盤もしっかりしていない小学生の尻。

それだけに美少女の尻の割れ目を探し当てると、天にも昇る気持ちになった。

尻の割れ目に沿って、手を股間に滑り込ませていく。

そこだけは死んでも触れられたくないのだろう。

女子小学生とは思えない力で、足を閉じる。

俺は舌打ちした。が、下半身に力が入ったため、小さなお尻の形がハッキリと分かった。


ババアのだらしない臀部と違う。

小学生の引き締まった尻が、さらに引き締まっている。

その健康的な尻をこれ幸いと撫で回す。

すると、彼女の足の力が抜けた。

俺はすかさず股間に手を入れようとする。

また、彼女の股間が閉じる。

今度は大きく、強く、小学生の尻を撫で回す。

股間だけは死守したい美少女。

その足は最後まで開くことなく、艶尻は俺の手で蹂躙されつづけた。

車内の熱気、痴漢されている嫌悪感。

俺の眼下にある、美少女の頭部から

吹き出た汗とシャンプーの香りが混じった、甘ったるい匂いが立ち篭める。

小学生の手の中で膨張する陰茎。

彼女の手のひらで亀頭を包み、欲望を吐き出した。

脈打つ陰茎から伝う、小学生の柔らかい手の感触。

さらに匂いたつ美少女の頭皮。

白く濁った意識の中で、俺の手はいつの間にか緩んでいた彼女の股間をまさぐっていた。

スカート越しに女子小学生の股間の中心部の感触が伝うと

陰茎はまた脈打ち、最後の一滴までドッと吐き出した。


ゆっくりと幼い娘の手から陰茎を離すと

彼女はギュッと手を握った。

どうやら精液がこぼれて、他の乗客の衣服につかないようにしているらしい。

こんな健気な少女の手を、精液まみれにしてやった征服感。

そのまま俺の汚い精子を、天使のような手に染み込ませろ。

電車が停車し、ホームに乗客をドッと吐き出した。

少女もその波に乗る。

ホームの様子は見えないが、今度は自分の衣服が精液で汚れぬよう

慎重に拭っているだろう。

少女の残り香が立ち篭めた。



★クリックお願いします★


通学帽女子○学生痴漢
通学帽女子○学生痴漢

小○生を狙ったぶっかけ痴漢電車

【フル動画ダウンロード】

痴漢ダメ絶対。完全版
痴漢ダメ絶対。完全版
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

働くOLの日常の臭い責め
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。