FC2ブログ

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下着オナニー体験談募集中☆

下着泥棒妄想1 学生モデルの脱ぎたてパンツ拝見4 侵入13
下着泥棒妄想1 脱ぎたてパンツ4 履きっぱなし


「普通の女子高生」に下半身露出、精液ぶっかけ

2013.12.15.Sun.19:48

女子高生」って妙な性的魅力というか魔力があるね。

その日は健康診断で昼間15時ぐらいか。

電車に乗った。

こちらはド田舎。

車社会なので、電車に乗るのは老人か、通学の学生か。

あいにく俺は車を修理に出していて、久しぶりの電車。


乗車してみると、車両には女子高生が1人。

何の気なしに、女子高生の正面に座った。


「こんなガラガラなのに、なんで?」という表情をしてきた。

不審者扱いされたようで、少しムッとした。

俺は露出とか痴漢とかには全く興味はない。

が、女子高生の仕返しと、どうせ不審者扱いされるなら…という思いでチンポを出してみた。


「こいつ、やっぱり!」という冷ややかな表情を浮かべる女子高生

女子高生は可愛くもなく、かといってブスでもない。

派手でもなければ、地味でもない。

そんな「普通の女子高生」に「チンポを出している」という非日常的な行為に

なんだかゾワゾワした快感が襲ってきた。


気がついたら勃起していた。

チンポを扱くと女子高生は俺のチンポに目線を下げる。

物凄い興奮する。

しかし女子高生は数秒だけ俺のオナニーを眺めると、目をつむり、寝たふりをした。


かえって都合がいい。

俺はおもいっきり腰を突き出し、女子高生に向かってオナニーした。


寝顔が可愛い。

スカートとハイソックスの間の太ももがエロい。

俺は女子高生に聞こえるように、というより

車内に響き渡るぐらいの大きさで

「ああ・・・チンポ気持ちいい」

「目の前の女子高生をオカズにオナニーしてます」

「オナニー見て。ねえ?ねえ?」

寝顔から、みるみる眉間にしわが寄っていく。

密室とはいえ、屋外でチンポを出し

普通の女子高生の前でオナニーしている。

まずい、癖になりそうだ…。


しかし、電車は俺の下車駅に近づいてきた。

・・・

ぶっかけたい。

俺はゆっくりと立ち上がった。

そのまま女子高生に気づかれぬよう、チンポを扱きながら近づく。

女子高生を見下ろしながら、仁王立ちオナニー。

最高だ。

このままぶっかけたい・・・。

気配を察してか、女子高生は目を見開き、そして一瞬固まった。

目を開けたら、扱かれた勃起チンポ。

そりゃ固まるだろう。

状況を理解した女子高生は咄嗟にカバンを盾にし、身をすくめる。

・・・まあいい。

そのカバンを持っている白魚のような手にぶっかけてやる。

あわよくば、顔まで。


だが、チンポを扱くスピードに反比例して、電車は減速した。

電車は完全に止まった。

名残り惜しすぎるが、チンポをしまう。

女子高生は窓から駅のホームを見て、安堵した。

ドアが開く。

俺は少し離れたドアから下車した。


ホームを歩く。

「・・・まあ露出程度なら何も言わないだろう。ぶっかけまでしたら、大事になってたかもしれない」

そう考えながら。

だが、チンポはそうは思っていないらしい。

俺は踵を返した。


田舎の電車は駅の停車が長い。

女子高生の真後ろに来た。

そのまま窓越しにオナニー。

こみ上げる射精感。

・・・さっきもよおせよ、とことん言うことを聞かないチンポ。

俺は勢いよく車内に駆け込んだ。

驚いてチンポの方に振り向く女子高生。

その瞬間、飛び散る精液。


女子高生の左の頬にぶっかかった。

悲鳴を上げながら顔を背けると、今度は綺麗な黒髪が白く濁った。

走って隣の車両に逃げ込む女子高生。

ホームで発車のベルが鳴る。

発射済みの俺はチンポをしまい、電車から出るとドアはしまった。

動き出す電車。

女子高生を乗せた車両がゆっくりと近づく。

俺は笑顔で手を振り、女子高生を見送った。




●少女にセンズリ見せつけ相互自慰(オナサポ)
●少女にセンズリ見せつけ相互自慰(オナサポ)


【フル動画ダウンロード】
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

働くOLの日常の臭い責め
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。